月別アーカイブ: 2018年11月

最後はブロック&拒否・・子供じみた浮気体験

004031
2年くらい前になりますが、私は結婚しているにも関わらず、ある男性と親密な関係になりました。

趣味で料理教室に通っており、彼は珍しく同世代の、とても感じの良い人だったのです。

最初はクラブ仲間として仲良くしていましたが、少しずつ彼のほうから近寄ってきました。

プライベートの連絡先を聞いてきたり、なぜか料理教室でよそよそしくしたり、とても気になる行動をしてくるのです。

それまで夫以外の男性と親しくしたり、気にかけることなど、一度もありませんでした。

ですが彼の場合は、姿を見かけるだけでドキドキしたり、LINEのやり取りをしていくうちに、頭がいっぱいになっていったのです。

良くないことだと分かっていながらも、夫に気づかれないようにしながら、彼とデートしたり、関係をもつことが増えていきました。

とはいえ、私は既婚者ですし、彼は独身だけれどバツイチで、子供が3人もいるので、社会的責任は重いですよね。

密かに会う時間が楽しみではありましたが、いつ終わらせるべきか、どう別れ話を切り出すかで、そうとう迷いました。

同じ料理教室に通う友人にしてみれば、「あなたたち2人の関係って、意外と分かりやすいよ」というものらしく、さらに悩みました。

十分すぎるほど注意していても、どこかした不自然な点が目立ち、浮気しているのはバレやすいのです。

夫の知り合いも同じ教室に通っていましたから、正直いってかなり焦り、もう別れるしかないと感じました。

彼と浮気して半年くらい経ち、私は受講しているコースを変えて、彼と顔を合わさないようにしたのです。

会うと決心が揺らぐと思い、大人げないですが、LINEで一言「もう終わりにしていいかな」と伝えました。

すぐにブロックして、着信拒否にもしたので、その後、彼が何を思い、伝えようとしたのかは分かりません。

別れ際が一方的すぎる自分が子供っぽくて、なぜ浮気なんてしたのかと後悔もしました。

ですが、あのまま関係を続けていても、いずれバレて大騒ぎになり、今の私はいないと思います。

それに、夫と彼の両方に罪悪感をもつことで、その後、どれだけ魅力的な男性と出会っても、浮気したいとは思わなくなりました。

今でも思い出すと罪悪感を感じて、心が重くなりますが、そのぶんもっと尽くそうと前向きに生きています。

浮気はしないに越したことはない。

038400

浮気に関しては、私自身や私の家族で浮気をしたことがある人はいません。浮気を知らない家庭で育ったという点では幸せだったと思います。身近なところでは、友人の父親が浮気をしたことをがあります。友人はその件があって以来は父親を嫌っていました。そしてできるだけ母親の味方であるような考え方になったといいます。離婚はしなかったようですが、どのような経緯であれ、やはり子供がいる親は浮気をしてはならないと思います。

その1番の理由は子どもの精神状態に大きく影響するからです。私の場合は家族に浮気をする人がいなかったことが家族への信頼につながりました。浮気をした父親をもつ友人は家族への不信感を持ってしまったということです。これは一生消えない傷です。父は、家族を裏切ったと子どもに思わせてしまうこと、その影響を想像できなかったということになります。浮気といっても本当に出会った人を好きになってしまったケースと、一時だけの感情的なケースがあります。

前者は本人が誠実であれば真実を家族に打ち明け離婚するか、子どもにはどう伝えていくか、ということをきちんと検討と実行をするならば、離婚をしないまま子どもに不信感を植え付けるより、離婚をして子どもに対してもきちんと愛情を伝えていけば結果的に良い場合もあります。後者のような一時的な感情で行ってしまった浮気は、きちんと反省してパートナーや子どもに打ち明けることが必要です。ただこの場合は、浮気してしまってからでは遅いといえます。

なぜなら、してしまった時点で自分にも家族にも不信感がぬぐえないことになるからです。浮気しそうになる、感情的に相手が気になってしまうことはよくあることだと思います。しかし、そこで冷静に踏みとどまって、家族や社会的な自分の立場を考えれば、足を踏み外さずにすむことです。浮気をすることより、してしまったあとの損失を理解していること、家族への信頼と愛情を日々育てていくことがとても大切です。