男は下半身を握られると、とにかく弱い

006029
つくづく男という生き物は、いや私かな、女性からの誘いに弱い生き物なんだと気付かされます。それは妻が居る身でありながら、元カノと浮気してしまっていることです。その元カノとは、くっついたり離れたりという都合のいい関係がダラダラ続いていたのです。そんな時に今の妻となる女性と出会い、本気になるってことを実感したつもりでした。実際に妻との関係を育むために、しっかり別れてから付き合いましたよ。

そして結婚することが決まり、いろいろと段取りを決めていたさなかに、突如として元カノは私の前に姿を現したのです。多分、風のウワサか何かで結婚するってことを耳にしたのでしょう。元カノは「結婚するんだって」「奥さんになる人カワイイの」と明るいトーンで聞き出そうとしてくるのがなんとも不気味。そして元カノは「奥さん貴方の好きなこととか知ってるの」「ちゃんと楽しませてくれてるの」「アナタ、こうじゃないとダメでしょ」と色っぽく迫ってくるではありませんか。

「やめろよ」とイマイチ強く拒否れない私にも少し邪な気持ちがあったのも事実。そこを元カノは上手い具合に突いてきて、激しく唇を重ねてきてそのまま大人の関係に。正直言ってヤバイとは思いつつも、興奮し満たされてしまいました。元カノは「○○はワタシじゃなきゃ満足させられないんだから」といって、しばらくは私の前から姿を消すことに。その後、若干の後ろめたさは感じつつも妻とは無事ゴールインさせてもらい、ホント絵にかいたような幸せな新婚生活でした。

ただ幸せすぎることで、人はより多くの欲求を満たしたくなるもの。軽い気持ちで元カノに連絡を入れてみると、これが通じてしまうから大変です。「そろそろ連絡があるんじゃないかと思ってた」「満足させてあげようか」との元カノ。ダメだ私には妻が居るんだと強く心の中で復唱してるにも関わらず、気が付くと元カノとベッドの上で求め合っていました。以来、妻に内緒で頻繁に会う様になってます。